売却情報ブログ

中古マンションなどの不動産における価格について

中古マンションなどの不動産における価格は、売主として考慮すべき価格と、買主として考慮すべき価格で異なってきます。

これは、不動産の価格には、様々な場合に価格が含まれているからです。

 

中古マンションなどの不動産を売ろうと考えた場合、売主の意見を主とした「購入希望価格」がまず設定されますが、

この価格は、不動産会社が売却できると判断した「査定価格」と若干差が生じることがあります。

このような場合、不動産会社の最低価格と売主の希望価格をすり合わせることになり、売主の希望と査定価格を考慮して決められる「販売価格」が決められます。

もっとも、この販売価格で中古マンションやその他すべての不動産が売れるわけではありません。

値引き交渉などの結果、売主と買主が合意した最終的な「売買価格」が形成され、この価格が最終的な不動産の購入価格となります。

上記の通り、不動産価格には様々な種類のものがありますので、不動産を購入する場合、売却する場合ともにどの価格のことを念頭に置いているのかを考えることが重要です。