売却情報ブログ

中古マンション売却の際、媒介契約の契約の種類についてー専属専任媒介契約編ー

中古マンション等の不動産を売却する場合、通常は不動産会社と契約を結びますが、この契約には3種類あります。

 

ここでは、そのうちの一つ「専属専任媒介契約」について詳しく解説します。

専属専任媒介契約は、不動産会社1社にだけ仲介を依頼するもので、他業者への依頼はすることができないことになっています。

また、自己発見取引が認められないため、他業者の媒介で契約したり、依頼主が自分で見つけた相手と契約した場合には、違約金を支払う義務があります。

不動産会社側は、レインズ(指定流通機構)への物件登録義務があり、媒介契約成立から5日以内に登録しなければいけません。

また、1週間に1回以上は依頼主への報告義務があります。

 

専属専任媒介契約は、不動産会社としても、広告費を使った販売活動をしやすいという特徴があります。

契約の有効期間は3ヶ月以内で、不動産会社はこの期間内に買い手を探さなければ仲介できないため、比較的高い確率で買い手が見つかるというメリットがあります。