売却情報ブログ

中古マンションや不動産売却の両手取引がなくならない原因とは

両手取引とは、中古マンションや不動産売却の、不動産の仲介の際に問題視されることが多い契約のパターンです。

不動産取引では、売主と買主はそれぞれの仲介会社に仲介手数料を支払うため、

仲介会社が1社なら、売主と買主から合計2倍の手数料がもらえることになります。

これを「両手」と呼び、売主と買主のそれぞれに仲介会社がある場合を「片手」と呼びます。

 

専任媒介契約や専属専任媒介契約で、売主から中古マンションや不動産売却の依頼を受けた不動産会社は、レインズ(不動産流通機構)に登録する義務があります。

両手にして2倍の手数料を得るために、レインズへの登録はしても、

契約交渉中などを理由に、他の仲介業者への物件紹介を拒否するケースがあり、問題になっています。

この場合、売主の知らないうちに、売却の機会を奪われていることになり、非常に問題です。

また、トラブルになった場合、仲介者が1社だけだと仲介者同士による問題解決ができないのも問題です。

両手の場合、買主側が不利になることがほとんどです。

不動産の売買価格の水準が低い地域では、両手でなければ経営が成り立たないケースもあり、なかなか両手取引がなくなりません。

 

不動産購入の際には、信頼できる中古マンションや不動産売却の仲介会社を選ぶのが大切になります。