売却情報ブログ

査定価格を信用しすぎてはいけないワケ

中古マンションや一軒家などの物件を売却するときには

どれくらいの価格で売ることができるのか査定を行いますよね。

その査定価格をみて、

がっかりする人が多いですが

安易に信じてはいけないということをご存知でしょうか。

 

今回は、査定価格をそれほど重要視しなくても良い

理由をご説明します。

中古マンションなどの物件売却の際、

複数の不動産会社に査定を依頼するために

一括査定を利用する人が多いものです。

しかしながら、各社の査定価格が大幅に異なり、

困惑される人も多いのが事実です。

査定を行った不動産会社の中には、

自社で契約をしてもらいたいという思いで、

本当の売却価格よりかなり高い金額を提示してくる所も存在するのです。

 

ですので、査定価格はそれほど参考にはなりません。

特に中古マンション売却の査定価格は、価格に差が生まれにくいのです。

築年数や方角などの簡単なデータが分かりさえすれば、

ご自身でも査定することができますよ。

売却価格は最終的に売主様が決めることになりますから、

査定価格にとらわれずに

ご自分の意見を尊重して決断するようにしましょう。

売却期間中に、

物件の条件に合う買い主様を見つけることで、

相場以上の価格で物件の売却をすることができますよ。