売却情報ブログ

売却にかかる税金

中古マンションなどの物件の売却で得たお金はそのまま全部売り主に入ってくると思っていませんか?

実は、購入時だけでなく売却時も

税金が課税されるために、

売り上げたお金がほとんどなくなってしまうことも少なくありません。

そのため、売却時にかかる税金についてきちんと理解しておく必要があります。

 

物件を売却して利益が出た場合は住民税はもちろんのこと、

譲渡所得という所得税が課せられるのです。

譲渡所得とは、売却して得た金額から、

その物件の購入金額や購入にかかった経費、

売却にかかった経費を差引いた金額のことを言います。

購入にかかる経費には、

仲介手数料、登録免許税、

登記手数料、不動産取得税などがあります。

なお、譲渡所得に対してかかる税率は、

不動産の利用形態や所有期間によって違いがあります。

所有期間が5年以上であれば長期譲渡所得、

5年以下であれば短期譲渡所得とされており、

長期保有の方が税率は低くなります。

長期譲渡所得は譲渡益の20%(所得税15%、住民税5%)、

短期譲渡所得は譲渡益の39%(所得税30%、住民税9%)

の税率となっているのです。

ただし売却時にかかる税金は物件の築年数などによって大きく異なりますし、

様々な特例もありますので、その点も頭に入れておくと良いでしょう。

 

中古マンション、一軒家などの物件の売却で損をしないためにも

以上のことを抑えておきましょうね。