売却情報ブログ

中古マンション購入時の注意点を知っておきましょう。

中古マンション購入時の注意点として挙げられるものの1つにリフォームがあります。

中古マンションでもある程度築年数が経ったマンションはそのまま利用しても設備などが古い場合があり、

すぐに故障してしまう部分も少なくありません。

 

もし、リフォームするときの注意点は、一戸建て住宅の場合と違いリフォームできる部分が限られていることです。

例えば、ベランダは持ち主の専有部分ではないため勝手にリフォームすることができません。

物置等を置くことも禁止されているのが普通です。

ただし、バルコニータイルを敷く場合のように簡単に取り外しができるものに関しては問題ありません。

 

また、意外と知られていないことの一つに水回りのリフォームができない場合があるということです。

キッチンやトイレ、お風呂場などの水回りを場所を移動せずにそのまま取替えるのであれば問題ありませんが、

水回りの場所を移動させる場合は排水管に排水勾配をつけなくてはならないため

排水管も移動させなくてはならないことがあります。

 

この時に排水管がコンクリート躯体の下にある場合は下の住人の許可を得なければならないのです。