売却情報ブログ

買ってはいけない!マンションの違法中古物件とは?

東京で業者の誰も手を出さなくなった中古マンション物件があります。

その中古マンション物件は、特定緊急輸送道路に沿う物件です。

特定緊急輸送道路は東日本大震災を受けて制定されて、

災害時のための緊急輸送用の幹線道路が指定されました。

 

この道路に接する場所に建っているマンションに耐震診断や耐震化の

状況報告の義務化がされました。

そのため、特定緊急輸送道路に沿うマンションでいまだに耐震工事が

できていないものは、事実上の違法状態になってしまっています。

 

毎月ある管理費が日々の物件管理のために消えていきます。

古い物件には工事を行なうための積立金がないのです。

自治体から補助金が出るとはいってもお金が足りないのが実情です。

このような違法な中古マンション物件になってしまっている物件は意外と多いです。

 

東京都によると、対象になっている建築物約5000棟の中で、

分譲マンションの対象になっている棟数は約700棟あって、

このうちの約5割が耐震診断を実施中か実施済みであるとのことです。

 

つまり350棟の物件が違法な中古物件として、存在しているわけです。

このような特定緊急輸送道路に沿うマンションには注意する必要があります。