売却情報ブログ

中古マンションの購入で狙い目の築年数は?

新築マンションを購入できればいいですが、なかなか資金的な余裕がない場合もあるでしょう。

 

そんな時に狙いたいのが中古マンションです。

中でも、新築マンション狙いだった人が購入を諦めている場合、

もしかすると1年経過の中古マンションと出会える可能性があります。

 

築年数が1年以上経過すると、誰も入居していなくても中古マンションになってしまいます。

いわゆる新古マンションです。

 

大規模マンションに多く、建てられてから1年以上経過しているのに入居していなくて、

企業などが買い取ったものの新築時よりも安く売っている場合があります。

これがねらい目です。

 

小規模マンションで人気がないものも中古市場に出ますが、できれば大規模マンションを狙いましょう。

300~400以上の世帯が入居予定のマンションはどうしても1~2部屋の売れ残りは出てきます。

そういった部屋は1年経過しても売れ残っていて、かなり安く購入することができたりもします。

間取りの希望があるマンションなら早めに購入した方がいいですが、

部屋数が多いための残りなので中にはいい物件が隠れていることもあります。