売却情報ブログ

中古マンションの修繕積立金の注意点

中古マンションの管理を適切に行うにあたっては、

修繕積立金の注意点をしっかりと把握することが大切です。

特に、マンションの老朽化に伴って、メンテナンスが必要な箇所が増えてきた場合には、

すぐに対処をすることが管理人としての役目といえます。

 

修繕積立金を借主から徴収する際には、利用目的をきちんと説明することや、同意を得ておくことが必要です。

また、高級な物件に関しては、修繕積立金が高額になることもあるため、資金の預入先などをきちんと選ぶことが勧められます。

 

中古マンションの管理のノウハウについて知りたいことがあれば、

不動産会社に相談をすることや、資産運用に詳しいプロから助言をもらうことが有効です。

 

最近では、中古マンションに関連したトラブルが各地で発生していることもあり、

管理人としての責任の範囲について、日頃から確かめることが望まれます。

 

人気の中古マンションの物件は、契約を希望する人が多いことから、

修繕積立金をはじめとする費用の支払い方法や、契約内容を書面できちんと伝えることが何よりも重要なことといえます。