売却情報ブログ

安心安全でお買い得な中古マンション購入にベストな築年数とは?

中古マンションなどの不動産は築年数が長い物件ほど、取引価格が安くなる傾向にあります。

逆に建築されてから年数がほとんど経過していない建物であれば、取引価格が高額になることが多いです。

 

一方で、築年数が長いと、外壁や内装が古くなっていて、見た目もあまり綺麗でないことがよくあります。

そのため、予算的に厳しくないのであれば、建築されてからあまり年数が経過していない中古マンションを購入した方が良いです。

 

ただ、新しい中古マンションは売買価額も高いことが多いため、予算的に手が出ないという人も多いでしょう。

そういった人の場合は、なるべくお買い得な築年数の中古マンションを探すと良いです。

築年数が10年前後の建物であれば、それほど古くはありません。

 

一方で外壁や内装を見てみても、比較的新しいことが多く、お買い得だと評価できます。

ただし、築年数だけで判断しても、お買い得な物件とそうでない物件があるため、実物を見てから決めるのが無難です。

建築されてから10年くらいのマンションに絞って探すと、お買い得な中古マンションがすぐに見つかります。