売却情報ブログ

中古マンション購入時のチェックポイントとは?

中古マンションを購入する時のチェックポイントとしてよく挙げられることと言えば、

築年数がどのぐらいか、と言うことです。

また、それと併せて確認しておきたいことが、傷み具合がどの程度見られるのか、と言うことです。

自分の目で確認することで、単純に年数だけで確認するだけではわからない細かなことがわかるものです。

なお、中古マンションの傷み具合に密接に関係することと言えば、修繕積立金の存在です。ある程度年数が経過したマンションと言うのは、

修繕工事が行われるものですが、修繕積立金と言うのは値上がりすることがあるものです。

 

このタイミングと言うのが正にチェックポイントで、タイミングの悪い時に中古マンションに入居してしまうと、

その直後に修繕積立金が値上がりする、と言ったことになってしまいます。

ですから、なるべくそういった費用負担が発生しない中古マンションを探して購入する言うのも一つの立ち回り方と言えます。

なお、地盤が弱く、大きな地震の影響を受けやすい立地の場合には、

地盤がしっかりしている立地のマンションに比べて影響を受けやすく、

高額な修繕工事費が発生してしまう恐れもありますから災害のことを考えるのも大切です。