売却情報ブログ

築30年以上の中古マンション購入のオススメポイント

中古マンションと言うのは、とても数が多く、さまざまなニーズに対応できる物件がみつかりやすいのが魅力ですが、

中にはとても古い物件もあり、築30年以上と言う中古マンションもあります。

こういったマンションを購入する時に気を付けたいのは、

何と言っても1981年に施行された新耐震基準です。

築30年以上となると、丁度このタイミングに絡んできます。

ですから、基準を満たしているか、購入前にはきちんと確認しておいた方が良いでしょう。

なお、ここまで古い物件となると、なかなか魅力を感じない人もいるでしょうが、

こういった中古マンションでもオススメできるようなポイントはあるものです。

 

それは、やはり賃料が安く抑えられるところです。

とにかくその点を重視する人には良い物件でしょう。

売却することを考えると、ここまで古い中古マンションを購入するのは得策ではありませんが、

一生住み続けるつもりであれば問題ないでしょう。

なお、新しいマンションと言うのは、当然すでにマンションがある所には建てられません。

とても良い立地には、築30年以上のマンションがすでに存在する場合があり、これがオススメポイントでもあります。