売却情報ブログ

中古マンション売却を成功させるための注意点とは?

 握手

中古マンションを売ることになった際には、

ほとんどの場合にまだ売主が居住中である場合の売却、ということになるわけです。

これはつまり、

まだ売主が居住してる住居に買主が内覧に訪れるということを意味するのですが、

そうした際に、売主が内覧に訪れた買い手に好印象を与えることができれば、

スムースな売却に繋がるという場合が多いのです。

 

 この場合の注意点としては、中古マンションの売却なので、

人がまだ居住している住居の下見に来る人は、

どうしても遠慮がちになってしまうものですから、

茶菓を出してまで接待する必要はないものの、

売主の方から買い手に一声かけて、わからないことがあったら何でも聞いて欲しい、

といった対応をするだけで相手の反応が全く違ってくるのです。

こうすると、買い手はリラックスできて内覧の時間も長くなるわけですが、

実は内覧時間が長くなるほどに、売却成立の可能性が高くなるのです。

つまり買い手にとっては、売主の側がしっかりと対応してくれている、

といった印象を持つことができた場合には、

購入に踏み切ろうという動機が強くなるということなのです。

 

買い手の心理としては、できる限りその物件について知りたいわけなので、

売主がオープンにいろいろと教えてくれることで、

購入しても大丈夫だという安心感を持つことになるのです。