売却情報ブログ

不動産における囲い込みってどういうこと?

 一軒家

 

不動産業界では一定のルールというものを用意していることになり、

常に適切に不動産を取り扱いできるように配慮していることが特徴です。

不動産における囲い込みという言葉があります。

その意味に関しては、例えば住宅や土地の売却を考えている方ならば、

不動産の仲介会社に依頼を行って売却を進めていく方法ですが、

その際には複数の会社に仲介を同時に行ってもらうことも可能になり、

見事に契約を成立させることができた会社は、

仲介手数料などを利益として計上することができます。

 

 しかし、依頼をした会社ではなく他の会社に仲介されるということは、

物件に対しての情報の流れが気になる部分です。

この点に関してはレインズと呼ばれるシステムが用意されていて、

仲介を希望している物件情報をレインズに登録することが必要な条件になります。

この時点で登録を行わずに自社だけで

営業活動を行う行為に対して囲い込みという言葉を用いていることになります。

 

売却を検討されている方は、早期に売却することを期待している部分もあり、

囲い込みの方法では不都合さが出てしまう可能性が高くなるので、

常に信頼できる不動産会社に依頼を行う方法で、

不条理な問題をなくすことができ、スムーズに売却を済ませることに成功できます。