売却情報ブログ

中古マンション売却時に見学に来られる際の注意点とは?

 中古マンション売却時の周辺環境

中古マンションを売却する際、見学に来られる方は大勢います。

そこで注意しなければならないのは正直に告白する事です。

簡単な事に思えますが、実は意外に難しいものです。

中古マンションを売却したいがために、多少の嘘なら気にしないかもしれません。

ですがそのちょっとした行為が相手の人生を狂わせる原因になります。

それに嘘を付いたことが原因で裁判になったりなどしたら、

多額の賠償金が必要になります。

そうなると得どころか損する事になります。

そんな思いをするぐらいなら、

正直に告白し不具合を了承した人に購入してもらった方が楽になります。

 

 不具合とはどういう事を指すかというと、

水回り関連や亀裂・軋みなどが該当します。

マイナスポイントですが、その部分は売却価格でカバーさせるしかないでしょう。

他の注意点として、地理を把握する事です。

見学に来られる方はマンション周辺に初めて訪れた場合が多いはずです。

そうなると駅や商業施設の有無を尋ねてくる場合があります。

それに答えられないと、マンションのオーナー失格です。

 どうしても売却価格だけを気にしがちですが、

入居者が何を気にするか何を知りたいかをあらかじめ推測する必要があります。

自分の売却するマンションに住んでもらう以上、

なるべく多くのニーズに応えられるようにしましょう。