売却情報ブログ

不動産のレインズってどういう仕組みなの?

不動産レインズの疑問

1988年の宅地建物取引業法の改正により、

国土交通省から指定を受けた流通機構が使用する不動産情報システムにレインズがあります。

現在、レインズは、

東日本、中部圏、近畿圏、西日本の4つの指定流通機構によって運営されており、

ここでの情報には法律上義務付けられている、

売却依頼業者が1社のみとなる専任専属媒介契約か専任媒介契約が

取り交わされている物件が登録をされています。

 レインズの仕組みは、まず、指定流通機構に会員登録をしている業者が、

売主から不動産売却の依頼を受け、その物件情報をレインズに登録をします。

 

一方で、物件購入の希望をする買主は、

指定流通機構に会員登録をしている業者にレインズでの物件の検索をしてもらうことになります。

ここでは物件に関する情報の提供や受取がリアルタイムで行うことができ、

売主や買主に対しての利便性を高めています。

システムで登録されている物件は、

法的義務が発生する専任専属媒介契約か専任媒介契約の物だけとなり、

そのために、何社とでも交渉を行うことができる一般媒介契約の物件は登録されていません。

 利用することができるのは指定流通機構に会員登録をしている業者だけとなり、

ただ単に物件を売りたい場合や買いたい場合だけでは

掲載をしてる物件情報を見ることはできないことになっています。