売却情報ブログ

不動産における「両手」「片手」「あんこ」ってどういう意味?

 たい焼き「あんこ」

 

不動産取引の売買仲介を行っている不動産業界には、

 

「両手」「片手」「あんこ」という独特の業界用語があります。

 

これはいったいどういう意味なのか、

 

わかりやすく説明してみようとするならば、

 

売買取引を仲介する不動産業者の数、

 

といったものに着目して考えてみるのがいちばん手っ取り早いのです。

 

何故ならば、売買取引を仲介する不動産業者が1社であれば「両手」、

 

2社であれば「片手」、3社以上であれば「あんこ」となるからです。

 

 

両手というのは、

 

同一の業者が売り手と買い手の双方から仲介手数料を取ることですから、

 

当然に仲介業者は1社のみとなります。

 

そして、あんこというのは、

 

売り手側と買い手側の仲介業者の間に、

 

さらに別の業者が入っている場合のことなので、

 

これを間に挟まっている業者という意味で「あんこ」と呼んでいるわけですから、

 

最低でも3社の仲介業者が入っていることになるわけです。

 

一方、片手というのは、売り手側の仲介業者と買い手側の仲介業者が、

 

それぞれの一方からのみ仲介手数料を取るものですから、

 

最低でも2社の業者がいることになります。

 

 

この場合には、売り手と買い手から出ている仲介手数料を併せたものが、

 

取引に関わっている全ての仲介業者に等分されることになります。

 

こうしてみると、業者にとって一番儲かるのが「両手」で、

 

一番儲からないのが「あんこ」、その中間が「片手」ということになるとわかるでしょう。