売却情報ブログ

中古マンション売却の注意しておくべき落とし穴とは?

 女性、注意点

 

中古マンションを売却しようとする際、

 

一般的にどこかの不動産業者に販売の仲介を依頼することになります。

 

その際、陥りがちな落とし穴は、

 

大手の不動産業者に専任媒介で依頼してしまうことです。

 

有名な大手業者に頼んでおけば、売れやすい、

 

と思い込んでいる持ち主は多いようですが、それは誤解です。

 

大手業者のほうが、買い手もより安心してつきやすいと思うし、

 

売り方もうまいし、販売ルートの露出も多そうなどと思うからでしょう。

 

 

ところが、そうでもないことがあります。

 

中古マンションの購入者は

 

じつはあまり仲介している不動産業者には注目していないと言われているのです。

 

物件自体が大手不動産のものではなく、

 

個人所有者のものですから、

 

あくまで物件自体の条件に着目するのが中古マンション売買の特徴とされます。

 

また、いずれのところに頼むにしろ、専任媒介も問題です。

 

販売のために露出されるルートがこれでは限られてしまいます。

 

むしろ専任にせず、複数の仲介業者に依頼しておいたほうが、露出も増えます。

 

とくにネット時代の今では多くのルートでネットに露出できるほうが有利です。

 

不動産の大小が中古マンションの売買にあまり影響を与えないことと考え合わせれば、

 

この複数に仲介を頼むというのは重要です。

 

これらを総合すると、

 

大手に専任で頼むのは中古マンション販売における落とし穴と言えるでしょう。