売却情報ブログ

中古マンション売却前にリノベーションをしておくべきかどうか?

インテリア

 

中古マンションの売却にあたって、

 

リノベーションをするか否かについてはケースバイケースであると言えるかもしれません。

 

早めに売却を検討する場合には、現状ままで費用をかけない分、安く売却するということです。

 

仮にリノベーションをしてしまった場合には、

 

売却価格にはリノベーション費用が含まれているわけですから、

 

購入者がそれ以上その物件に費用をかける価値を見いだせないということになります。

 

 

実際の住みやすさ、物件に個人が求めるモノというのは、個々に差があります。

 

リフォームを前提に自分の理想値を求めて中古マンションを購入する場合には、

 

やはり現状ままの物件を好む傾向が強いと思います。

 

しかし、ある程度時間をかけてでも、

 

少し古い中古マンションを高値での売却をしたい場合には、

 

リノベーションをしてしまった方が見た目の第一印象が既に上級品になります。

 

リフォーム前提に購入をする人は、少しでも荒探しをして、

 

少しでも価格を落とそうとする傾向があるとも言えます。

 

リノベーション物件であれば、建築関係の知識のある場合でも、

 

既に価格に反映されているとされる経年劣化以外にはなかなか荒は見つからないものです。

 

どのようなプランで進めていくかという方向性が一番大事かもしれません。