売却情報ブログ

両手取引と囲い込みの誤解しやすいポイント

両手に持つ苗

両手取引と囲い込みには誤解しやすいポイントがあります。

 

両手取引は不動産仲介会社が同一の取引において売主と買主の双方から仲介を受託する取引のことです。

 

両手取引は売主と買主の両者から仲介手数料を得られます。

 

米国などでは法律によって規制されていることもありますが、日本では両手取引自体は違法ではありません。

 

それに対して囲い込みは販売協力会社が行なう営業を妨害して自分の利益を倍増させようとする違法手段のことです。

 

顧客を自分のところに誘導することによって売主と買主の双方から仲介手数料を取ろうとする姑息である営業方法になります。

 

囲い込みでは、

・販売協力会社からの広告活動を承認しません。

・販売協力会社からの内覧希望者の承認しません。

・販売協力会社よりくる連絡を取り次ぎをしません。

・販売協力会社への紹介を行ないません。

このような妨害行為を行なうことによって販売協力会社の自由な営業活動をさせないようにします。

 

これらの誤解しやすいポイントは、両手取引によって売主と買主の双方から仲介手数料を得ること自体は違法ではありませんが、故意に物件情報を自社内に抱え込むような囲い込みを行なって販売協力会社へ物件の情報を照会させないことは違法なのだということにあります。