売却情報ブログ

中古マンション売却時の予期せぬ出来事とは?

 男女、驚き

中古マンションとして自分が所有しているマンションを売却する場合に、予期せぬ出来事とはどのようなことでしょうか。

 

まず、実際に売れると思っていた価格でさっぱり売れないことです。

 

例えば、2000万円という値段をつけて売却を試みても1か月たっても2か月たっても売れないことがあります。

 

この理由は様々ですが、適正相場を見て売る場合、意外と売れないことが多いのです。

 

適正価格が2000万円だったとしても実際には1800万円程度でしか売れないと考えたほうがいいでしょう。

 

もちろん、売れるまで2000万円で売り続けてもいいかも知れません。

 

ですが、不動産はずっと売りに出しているとその価値が落ちてしまうことも知っておきましょう。

 

これは、家を探している立場に立てばわかりますが、半年も1年もずっと同じ価格でチラシに載っている不動産はきっと何か訳あり物件に違いないと判断されるのです。

 

そうなる前に、できるだけ価格を下げて売り切ってしまった方がいいでしょう。

 

もう一つの予期せぬ出来事でありがちなのが、住宅ローンが残っている段階で売却をすることです。

 

住宅ローン以上の額で売れればいいですが、売却後もなおローンが残る場合には現金で補うしかありません。

 

現金を持っていなければ売ることは難しいと考えましょう。