売却情報ブログ

中古マンションをより高く売却するために判断すべきポイント

男性、いいね

不動産は、工業製品のように同じものは二つとないため、定価はなくて、あえて言うなら実際に売却できた金額こそがその物件の価値になります。

 

不動産を売却する場合、価格や引き渡し時期、現況のまま引き渡すか、リフォームやクリーニングしてから引き渡すかなどの売却の条件は、売主が決めることができます。

 

価格をいくらにするかは自由ですが、その価格で買うという人が現れない限り、取引は成立しません。

 

近隣の売買事例などを基に相場を調べることはできますが、相場通りでも買い手がいなければ売ることはできない一方で、相場以上の金額でも、買い手は一人いてくれれば十分です。

 

 不動産取引では、少しでも高く売りたいと思うのは誰でも同じですが、中古マンションの場合、ランニングコストとのバランスの判断も必要です。

 

マンションでは、戸建てと異なり、毎月、管理費と修繕積立金を支払うため、売却までの期間が長引くほど、支出も増え、短期間で売ることができればその分コストの削減になります。

 

また、同じものが二つとないのが不動産の特徴なので、相場=近隣の同程度の面積や立地、築年数などの物件と比較して、売りたいマンションの魅力は何かを考えることが大切です。

 

築年数が新しいこと、周囲に高い建物がなくて眺望がいいことや、大規模修繕が終わったばかりで安心など、相場の金額以上の価値がどこにあるかを、売主であるオーナー自身が把握することが売却成功への近道です。