売却情報ブログ

中古マンションの築年別の価格と経年変化を知る方法

 空とスカイツリー

 

中古マンションの築年別の価格と経年変化を知る方法があることをご存知でしょうか。

 

マンションの築年数の違いは主に、価格・金利、返済期間など住宅ローンの借りやすさがあります。

 

構造・性能といった住宅のつくりや、品揃えの豊富さに注目されて、維持・管理の状態も大切となります。

 

その他に、青田買い・オープンルームなど買い方といったところに表れてきます。

 

築年数が古くなると同時に、価格も下がっていきますが、築16年を超えたものは一段落して穏やかなものになります。

 

築年数が浅い方が、価格下落率は高くなり、古くなるほどに低くなっていきます。

 

しかし、中古マンションの値段は、需給バランスによって決まるのではなく市場に出せれる前の価格査定によって築年数にある価格差があらかじめ設定されています。

 

中古物件の売り出し価格は、売り主に仲介を依頼された不動産会社が価格査定を行うところから決められていきます。

 

マンションの築年数は駅からの距離や暮らしやすい立地条件であるかどうかなどと同じように重要項目となります。

 

ロジックを理解しておくことで、賢く中古マンションを売却することが出来ることでしょう。