売却情報ブログ

中古マンション売却時に内覧数はどれくらいが妥当?

 中古マンション2

 

中古マンションを売却中には、中古マンション売却時に内覧数はどれくらいが妥当なのか、心配になると内覧数が気になることでしょう。

 

物件の売れ具合というものは、フィーリングやたまたま見かけてといったようにさまざまな要素が組み合わさっていて一概にすることが出来ません。

 

人気地域であっても、値段の問題や築年数のことなど買い手が気になるポイントはそれぞれになります。

 

他にも宣伝方法に問題があって、多くの人の目に留まっていないという可能性もあります。

 

内覧がない場合は、チラシを配布して見たりネットを利用して紹介したりと方法を変えてみることも一つの手になります。

 

場合によっては値引きをしなければいけなくなったり広告料がかかってきたりすることもあります。

 

居住中から空室にしてみることで売り手が決まることもあり、なかなか数字の動きを感じることが出来ないのであれば分析を行う必要があります。

 

中古マンション売却時に内覧数はどれくらいが妥当というものはなく、値段の問題か室内の設備や使用が問題なのかといったように目線を変えることも大切です。

 

工夫を凝らして、内覧会を楽しみましょう。