売却情報ブログ

中古マンション売却時に最も重要な確定申告の注意ポイント

電卓、女性

 

中古マンションを売却すると、年度末に必ず確定申告を行わなくてはいけません。

 

売却益が出た場合に譲渡所得税という税金を納めなければいけません。

 

損失が出た場合にも、確定申告を行うことで税金を抑えることが出来ることもあるため、欠かさずに行うようにしましょう。

 

 忠告を怠ってしまうと、法廷納期限の翌日から完納の日まで延滞税を取られることになり、追加で支払わなければいけなくなります。

 

忘れずに行っておくことが大切です。

 

会社勤めをされている方は、会社にて年末調整の手続きを行うため、確定申告は必要ではなくなります。

 

しかし、マンション売却の場合、給与所得以外に収入があったことになるため、自分自身で申告しなければいけません。

 

 税理士を通して行うことで、申告を行ったことがない方や時間がないという方でもスムーズに行うことが出来ます。

 

確定申告を行う際に必要な書類は、税務署から入手しなければいけないものと自分で準備する書類があります。

 

中古マンション売却時に最も重要な確定申告の注意ポイントを抑えて、損をしない方法を知っておきましょう。