売却情報ブログ

中古マンション売却の専任媒介期間は平均でどのくらいまで?

一軒家

中古マンションの売却では、その多くは不動産業者に委託をすることによって行われています。

 

委託の形態としては、大きく、一般媒介契約、専任媒介契約、専属選任媒介契約の3つがあり、通常用いられる方法としては、専任媒介契約が広く利用されています。

 

 選任媒介契約とは、1社のみに委託をすることで売却を進めていく方法のことを指し、委託をされた業者にしても、売却はもちろんのことできるだけ早く買主が付いた方が、その分仲介手数料の回収が速いことになります。

 

中古マンション売却に必要な期間に関しては、対象となる物件の立地条件や状態によっても異なりますが、平均期間として3カ月程度とされており、ここでは委託をした不動産業者との媒介期間が関係してくることになります。

 

 通常、選任媒介契約では、その期間を3ヵ月とすることが多く、そのために、不動産業者はその期間内での売却を進めることになります。

 

物件によってはすぐに買手が付く場合もありますが、中にはなかなか付かない物件もあり、契約期間中に売れない場合には不動産業者の利益はゼロになってしまうために、ここでは力を入れた販促活動が進められることになります。