お客様の声,俺が答える

マンションを売却する時の仲介手数料を値引き。

 

 

この物件は私でなく、当社の社員が担当し

 

先日中古マンションの売却のお手伝いさせて頂いた

 

お客様のお声を頂きました。

 

SnapCrab_NoName_2016-8-7_15-6-51_No-00

(↑↑クリックすると大きく見れます。)

 

当社イーナリンクではエージェントとして

 

売主様の利益を最大化する為に

 

やるべきことをただ実直にさせて頂いてる結果

 

ほぼお約束させて頂いた期間で

 

お約束させて頂いた価格で売却のお手伝いをさせて頂いております。

 

 

今日は先日売却をお手伝いさせて頂いたお客様より

 

アンケートにご協力頂き、

 

お客様が本当に当社の考えをご理解頂き

 

感謝のお言葉を頂いたことが本当に嬉しいです。

 

 

 

 

 

さらに私が嬉しいのは、

 

 

 

 

 

 

自社の社員が会社の方針や考えを理解し

 

実直に行動した結果、お客様より当社の社員に対して

 

このような感謝のお言葉を頂けることが

 

私にとっては本当に嬉しいです。

 

 

 

今回の担当社員は以前は

 

両手取引にどちらかというと肯定的な考えの人間でした。

 

 

 

しかし入社後、根気よく両手取引の弊害について

 

さらに情報公開し、オープンにすることで

 

売却価格や自社の生産性があがることを

 

説明すると、唯々実直に、ただ売主様と考えを同調し

 

本当にお客様と歩幅を合わせて

 

売却活動に集中してくれるようになりました。

 

 

その結果、今では私より

 

お客様の信頼を受け、

 

より多くの売却実績を残してくれています。

 

本当に社長冥利に付くとはことのです。

 

 

 

 

素晴らしいサービスを提供し

 

素晴らしいお褒めのお言葉を頂く。

 

そしてきちんと報酬を頂戴する。

 

 

昨今、中古マンションを売却するときにかかる仲介手数料を

 

 

値引きします!

 

 

そんな大手、中小関わらず

 

そんな不動産仲介会社が増えてきました。

 

 

例えば3000万円の物件。

 

この物件が成約した場合

 

正規の仲介手数料は(税抜き)約100万円です。

 

これを30%ひどいところでは50%値引きするという

 

不動産仲介も実際現れています。

 

 

 

当社では一切、仲介手数料を値引きしておりません。

 

いつも私がお客様にお伝えするのが

 

売主様の”目的”はなんですか?

 

 

中古マンションを”高く”売却することが目的ですか?

 

中古マンションを売却する時の仲介手数料を安くすることが目的でしょうか?

 

 

仲介手数料を値引きするとどのようなことが起きるかと言うと

 

不動産仲介会社は当然ですが決まった経費と人件費がかかります。

 

仲介手数料を値引きするということは

 

例えばの話、一人の営業マンが月に1契約でいいところを

 

2契約する必要が出てきます。

 

値引きするということは、給料を削ることは出来ませんので

 

収入の部を別に増やさなければなりません。

 

 

そうすると仲介手数料を値引きするした物件が

 

通常に売買(片手売買)で売却すると

 

仲介手数料を値引きしているので

 

利益率、生産性が低下してしまい

 

自社で両手取引をすることを優先しないと

 

不動産仲介会社として収益を上げることが出来ません。

 

 

となると物件情報を囲い込み

 

ブラックボックスの中で、取引が行われてしまうため

 

売主としては多くの機会損失、

 

さらに悪く言うと、買主を探すための

 

”エサ”になってしまうことがあるかも知れません。

 

 

どちらがいいか選択です。

 

 

きちんと報酬を支払って、自分(売主様)にとって

 

最適化された売却方法で売却する。

 

or

 

仲介手数料を値引して貰えるが、

 

大きく機械損失をする可能性がある。

(高く売却する機会を無くす可能性がある)

 

 

すべてがすべての場合ではないかもしれませんが

 

大切な資産である中古マンション売却です。

 

是非、よくよく考えて選択頂きたいと思います。