よくある質問,売却のギモン

両手取引の弊害

 

中古マンションを少しでも高く、良い条件で売却したい売主様。

中古マンションを少しでも安く、良い条件で購入したい買主様。

 

つまり売主様と買主様の利害は相反することになります。

例えれば裁判でいう原告と被告になります。

法律では裁判で原告と被告どちらも代理(双方代理)するのは

双方の同意がないと禁止されています。

 

主張や利害は相談する双方を一人の弁護士が依頼を代理するとは

どちらかに弊害が出ると同時に倫理的にもおかしいからです。

ただし、日本国では不動産取引において裁判でいう双方代理と同じ

両手取引を合法的に行えるので不動産仲介会社は通常の取引より倍の利潤が得られる両手取引を目指します。

 

その為不動産仲介会社は両手取引を目指すため、売り物件情報を囲い込み

自社の限定された販売チャンネル(チラシ、自社ホームページ、ネット広告)に絞るため

売主様は本来売り物件情報をすべて公開することで得られる広告数や内覧希望者数を機会損失することになります。つまり公開された市場の原理が働かずクローズされた市場の状態で売却価格や売却条件を決めてしまうことになります。

一番怖いのは売主様はそのクローズにされた状態を知るすべがないことです。