よくある質問,売却のギモン

媒介契約

中古マンションの売却を決めた際、その販売活動をお願いする不動産仲介会社との間で媒介契約という契約を締結することになりその種類は3つあります。

 

  • 一般媒介契約
    複数の不動産会社に重ねて媒介契約を締結することが可能。
    不動産仲介会社は販売活動の報告義務はなし。
  • 専任媒介契約
    一社の不動産仲介会社のみと媒介契約を締結し、ほかの不動産仲介会社からの斡旋では不動産売買契約は締結できない。ただし自身で見つけた購入希望者とは売買契約が締結出来る。不動産仲介会社は2週間に一度販売活動の報告義務を持つ。媒介契約締結後7日以内に指定流通不動産流通機構への登録義務を負う。
  • 専属専任媒介契約
    一社の不動産仲介会社のみと媒介契約を締結し、ほかの不動産仲介会社からの斡旋では不動産売買契約は締結できない。さらに自身で見つけた購入希望者とも媒介契約を締結した不動産仲介会社を通さないと売買契約が締結できない。不動産仲介会社は1週間に一度販売活動の報告義務を持ち媒介契約締結後、5日以内に指定流通不動産機構へ登録義務を負う。

 

それぞれ一長一短ありますが不動産仲介会社が販売に力を入れる順番をつけるとすると、

 

一般媒介契約

専任媒介契約

専属専任媒介契約

 

となるが反面、情報の透明化という意味ではその逆となる。

売主様から見ると、情報の透明化が望めるのは複数の不動産仲介会社と一般媒介契約を締結することになるが窓口が複数となり、手続きも煩雑になる。理想を言えばきちっと情報を公開し信頼できる不動産仲介会社と専任媒介契約もしくは専属専任媒介契約を締結し窓口が一つになることがベストかもしれない。

いずれにしても3つの媒介契約があることを知ったうえで、不動産仲介会社の言いなりにならず自身の考えのもとにいずれかの媒介契約を締結することが大切となる。