売却事例ご紹介

【成年後見制度】によるマンション売却

P1090382

俺コト、中古マンション売却エージェントの林です。

 

皆様、【成年後見制度】という言葉をご存知でしょうか?

成年後見制度というのは、高齢化し認知症などので

判断能力がなくなり、自身の資産(現金・証券・不動産)など

が管理できなくなる。

 

例えばおれおれ詐欺などに

簡単にひっかかったりとか…。

 

そういう時に裁判所に申請すれば

基本的には第三者の人を指定して

後見人となってもらう制度です。

 

そして後見人には

弁護士、司法書士等を指定する場合が多いです。

 

本件は知り合いの司法書士よりご依頼を頂き

被後見人の財産である中古マンションを

私が売却することになりました。

 

売却価格に関しても

相場より安くては後見人としても

売却を容認できないし

ご本人様の為にも出来るだけ高価売却を依頼されました。

 

物件はある郊外の物件で

築年数も相当古く、間取り等も見て

あまりニーズがない印象でしたが

物件情報を囲い込むのではなく

一般に広く公開することで、

希望金額に近い形で売却が完了致しました。

 

今回は後見人様(司法書士)からのご依頼でしたので

ご本人様とは一度もお会い出来ませんでしたが

お役に立てたのではないかと思うお取引でした。